身体、日々のきづき Instagram

仕事のスタイルはその人そのままが出る

古道具屋で女主人と出会う。

その古い物が溢れる(本当に危ないくらい溢れてたの!)店内にピタッと小さくうまく収まる女店主。

古い物も本当に山積みだけど
ここ数日の飲みかけペットボトルもその他も山積みだ。

山積みだけど、彼女は居心地は良さそうに見えた。
古く埃をかぶっている道具たち。雑に置いてある。でも、これくださいって言うと「これはね良いわよねーこれは素敵だわ〜。これは良いね。」と愛おしそうだ。
同じアンティークを扱う人を知っているけど、面白い、扱い方が全然違う。
愛おしそう、は一緒だけど、囲まれ方が全然違う。
どうしてもこうしちゃう
なんとなくこうしちゃう
やめられない癖とか色々。

その人が選ぶ仕事は、扱い方や、役割も絶妙にその人にピタッと収まるものなんだろうな。
言葉にしてみたら当たり前な気もしてきた。

あまりにも違うテイストだけどどちらも止むに止まれず、自分を曲げないうまいことやってる感じが、そのままストレートに出てた。

仕事の在り方がそのまま私なんだな。

できることもできないことも。体の癖も、好みも。それがそのまま仕事のスタイルになる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP